暮らしのMONO-KOTO

日々の暮らしをシンプルに - らくに たのしく ↟⌂ 京都

ヨーグルトメーカーで増やす オイコスヨーグルト★OIKOS

ヨーグルトメーカーで増やす オイコスヨーグルト★OIKOS

 

常に何らかのヨーグルトを

ヨーグルトメーカーで増やしている我が家です。

 

最近、増やしているのは

 

高タンパクで人気のオイコスヨーグルト!

酸っぱくなくもったりしていてとっても美味しいです。

 

 

自家製ヨーグルトの作り方

 

ヨーグルトメーカーさえあれば

超簡単です!!

 

材料 

オイコスヨーグルト 113g (1パック)

無調整牛乳 1L (1000ml)

 

作り方

1.ヨーグルトメーカーの容器を殺菌(私はパストリーゼをスプレーしています)

2.ヨーグルトと牛乳を混ぜる

3.ヨーグルトメーカーを40度7時間にセット

 

出来上がり

 

オイコスらしいギリシャヨーグルトのような

モッタリ感

とても美味しくできます!

 

もっとモッタリさせたい場合は水切りしても良いです。

 

私はこれに自家製のこれまたヨーグルトメーカーで作っている↓

とっても甘くて美味しい自家製オートミール甘酒をのせて食べております。

もうめっちゃ健康的でしょう^^b 発酵生活!

minco.hateblo.jp

 

自家製クリームチーズ作り方

私は水切りする時に

ヨーグルトの10パーセントの 

自家製塩麹を混ぜて水切りします。

(ヨーグルト400gなら40gの塩麹)

そうすると

自家製クリームチーズができるのです^^

 

私はこの↓自家製昆布塩麹でやっています

昆布いりクリームチーズ^^

minco.hateblo.jp

 

さらにまたヨーグルトを増やす場合

増やしたヨーグルトを

100グラムくらい種菌に先にとっておいて

また無調整牛乳に混ぜて同じ様に増やします。

 

自家製ヨーグルトは種がへたると

緩くなってきたりするので

私はそれを目安にまた他のヨーグルトに乗り換えたりしています。

 

ヨーグルトによって発酵温度や時間が違ったりするので

その都度検索して調整してみると良いですよ^^

 

ヨーグルト等の発酵時間

たとえばこんな感じ↓

種類

発酵温度

発酵時間

プレーンヨーグルト

40°C

6~7時間

R-1ヨーグルト

42°C

7時間

LG21ヨーグルト

25°C

24時間

ギリシャヨーグルトパル

テノ

40°C

6~7時間

豆乳ヨーグルト

40°C

6~7時間

納豆

45°C

24~48

醤油麹

60°C

6時間

白味噌

60°C

6時間

甘酒

60°C

6時間

パンの生地

27~30°C

24~26

 

ヨーグルトメーカーがなくてもできるヨーグルト

ヨーグルトメーカーがなくても

できるヨーグルトといえばこちらも人気の

カスピ海ヨーグルト

こちらもとろーり美味しいですよね!

私も以前は同じ種菌で何年も増やしておりました。

 

カスピ海ヨーグルト

25℃~30℃で 20~24時間程度で出来るので

暖かい時期でしたら常温で増やせます。

 

冬場は、暖房の効いた部屋やこたつの中などでも良いです。

 

 

 

うちのヨーグルトメーカー

 

大活躍のうちのヨーグルトメーカーは

というやつでお手頃で万能なのですが、

古すぎて今は販売されていないみたいです^^;

 

でもヨーグルトメーカーは

設定した温度と時間を保つというだけの機能があれば良いので

そんなにこだわらなくても良いと思っております。

 

でもあったら甘酒も作れるし

醤油麹も塩麹もヨーグルトも納豆だって作れるし

絶対便利なのでおすすめです

 

 

 

 

 

 

   Qoo10 qoo10 キューテン